ブログネタ:「これだけは読んでおけ!」と思う本は?

僕が読んだのは吉川英治さんの「三国志」ですが、どなたの著書かにもよるかも知れませんが、「三国志」は必須かなぁと思います。

「諸葛孔明の出師の表を読みて涙を堕さざれば、その人、必ず不忠」と言われる名文を読んで涙は出なかったけども、心に来るものがありました。

あと、池波正太郎さんの「真田太平記」。

宮城谷昌光さんの「重耳」、「孟嘗君」、「太公望」、「奇貨居くべし」、「晏子」、「楽毅」、「介子推」、「夏姫春秋」、「管仲」などなどその他多数の本を、一時期読みまくりましたよ。

人々の尊敬されて歴史に名を残している方達の生き方って参考になりますでしょ?


ブログネタ:「これだけは読んでおけ!」と思う本は?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年02月21日 22:53
こんばんは!!

吉川英治さんと言えば「宮本武蔵」
ですね!!
・・・って、これしか読んだ事が
有りませんけど、中学生の時に
読み倒しました!!

池波正太郎さんと言えば・・・
母が大ファンなので出だしは
結構読んだけれど続かなかった
です。

後は、司馬遼太郎先生のご存知
「竜馬が行く」と「燃えよ剣」が
印象深かったです。
2011年02月22日 00:33
司馬遼太郎さんは、僕が住む東大阪の出身なんですよ~
僕は「項羽と劉邦」を読みましたね~
あと、「梟の城」は映画で見ましたよ。
あ~~~本を読む時間ほしいなぁ~

この記事へのトラックバック